11/10【東京】SCU看護(急性期の脳卒中ケア)&画像の見方<看護セミナー>

開催日時・地区

2019年11月10日(日)10:00〜16:00 東京地区

受講料

11,980円(税込)
※3名以上なら1名あたり9,980円(税込)

ねらい

「まずは解剖から」と考えてはいけません。学習するべきポイント・順番がしっかりあります。まず脳画像の簡単な見方を伝授します。すると症状の根拠が説明でき、次に起こることを予想できるようになります。SCUの方だけでなく、脳神経疾患の患者さんに関わる全てのナースの方に役立ちます。新人・異動者はもちろん、先輩の知識整理にも最適です!大人気講師が楽しく笑いを交えて解説します。

講師

・久松正樹 氏
社会医療法人医仁会中村記念南病院 回復期リハビリテーション病棟 看護師長
脳卒中リハビリテーション看護認定看護師

会場

フォーラムミカサエコ
東京都千代田区内神田1-18-12内神田東誠ビルTEL03-3291-1395

プログラム

1.脳卒中のケアにはまずは脳画像から
~画像の見方にはコツがある。どこを見るかポイントを押さえる~
2.脳に関連するバイタルサインの捉え方
~そのバイタルサインが脳にどんな影響を与えている??~
3.看護師が伝える看護師のための脳卒中の病態
~動画とイラストで解説します。これまでにない学び方とケアのポイント~
4.良く使う薬剤…どんな作用??
~なぜその薬が必要か?薬が分かればDrの考えも解かる?~
5.何故その症状??その根拠
~教科書には書いていない、患者の症状とそのメカニズム~
6.症例から読み解く脳卒中ケア
~実際の症例だからこそ納得できる。考えるケア~

講師紹介

・久松正樹 氏
1999年浦河赤十字看護専門学校卒業後、浦河赤十字病院を経て、2002年医療法人医仁会中村記念病院ICU・SCU勤務。2007年、SCU病棟主任。2012年、脳卒中リハビリテーション看護認定看護師取得。2014年、社会医療法人医仁会中村記念病院回復期リハビリテーション病棟主任、2016年4月看護師長を経て、2019年4月より現職。動画・画像が豊富なスライドを多様し、ユーモアを交えた抜群の講義力で大人気!