11/17【東京】がん化学療法看護(初心者向け)<看護セミナー>

開催日時・地区

2019年11月17日(日)10:00〜15:30 東京地区

受講料

11,980円(税込)
※3名以上は1名あたり9,980円

ねらい

がん化学療法看護がはじめての方や経験の浅い方がメイン対象のセミナーです。「これだけ押さえておけばひとまずは大丈夫」というポイントをベテラン講師が厳選してやさしく・わかりやすく・丁寧に解説します。ポイントを厳選している分、根拠や経験知もしっかりお伝えできます。外来・病棟のいずれの方も大歓迎です。こうした方に教える立場の先輩看護師の方の知識や指導ポイントの整理にも最適です。

講師

・小澤桂子 氏
NTT東日本関東病院 看護部 がん看護専門看護師
がん相談支援センター 副センター長 看護長

会場

フォーラムミカサエコ
東京都千代田区内神田1-18-12内神田東誠ビルTEL03-3291-1395

プログラム

1.がん化学療法の基礎知識
・がん化学療法とは(狭義の抗がん薬、分子標的治療薬、免疫チェックポイント阻害薬、ホルモン薬の特徴)
・がん化学療法の目的と期待される効果
・がん化学療法で発生する薬物有害反応(副作用)
・副作用の評価規準
・抗がん薬のアセスメント
・患者のアセスメント

2.安全な投与管理
・レジメンとは。レジメンの読み方
・投与管理におけるリスクマネジメント
・経口抗がん薬の投与管理
・抗がん薬の曝露対策
・抗がん薬曝露による医療者への影響
・抗がん薬曝露の経路
・推奨される曝露対策の方法
・曝露した時の対応法

3.主な薬物有害反応のアセスメントとケア
・過敏症
・血管外漏出
・悪心・嘔吐
・骨髄抑制
・脱毛(アピアランスケア)
・皮膚障害

4.化学療法を受ける患者の心理・社会的影響とケア
・化学療法を受ける患者の心理状態
・生活への影響と社会資源
・仕事への影響と支援
・経済的負担と制度
・セルフケア支援の方法

参加対象

がん化学療法の看護が初めての方や経験の浅い方、および、そうした方へ指導する先輩の方

講師紹介

・小澤桂子 氏
千葉大学看護学部を卒業後、虎の門病院血液内科病棟、消化器内科/下部消化管外科病棟で看護師経験を積んだ後、千葉大学大学院看護学研究科修士課程を修了。千葉大学看護学部成人看護学教育研究分野助手(現在の助教)、国立がんセンター(現国立がん研究センター)中央病院血液内科/腫瘍内科病棟、外来通院治療センターを経て、2001年よりNTT東日本関東病院勤務。2003年にがん看護専門看護師に認定され2回更新。わかりやすい講義と豊富な経験知で受講生の不安を解消します。