【オンライン】ICU・CCUでの循環管理~心電図・前負荷・後負荷・Aライン・ショック・補助循環・輸液管理~<看護セミナー>

視聴期間・講義時間

ご希望の日から2週間繰り返し視聴できます。講義時間は約4.5時間。録画講義ですので質問はできませんが、オンラインセミナー専用に新規に講義したものです。サンプル動画はこのページの一番下でご覧になれます。

受講料

9,980円(税込) 8,980円(税込)梅雨のキャンペーン価格(6/30まで)

各種割引

・個人割引:ご受講2回目は500円割引。3回目以降は1,000円割引。
・グループ割引:3名以上なら1名あたり1,000円割引。
・個人割引とグループ割引の併用も可(キャンペーン価格中は不可)。
・テキスト冊子送付不要でPDFファイルのみは1,000円割引(キャンペーン価格中は500円割引)。
・テキスト冊子送付とPDFファイル両方なら500円割増。
・お振込手数料は弊社で負担。

テキスト

A4版のカラーテキスト冊子をネコポス(ヤマト運輸のポスト投函サービス)にて送付します。ページあたりスライド印刷枚数2枚(上下)のため大きく見やすいです。

ねらい

自己学習が難しいICU、CCU、HCU、救急、急性期病棟などでの循環管理を1日集中で学びます。断片的で曖昧な知識が整理・統合され、先輩や医師に自信をもって報告できるようになります。後輩を指導する先輩ナースの知識整理や指導ポイント学習にも最適です。 「なるほどそうだったのか」の連続の大人気セミナーです。なお、基礎知識に自信のない方は先に「ICU・CCU看護の基礎知識と観察ポイント」から受講することをオススメします。

講師

・尾野敏明 氏
東海大学医学部付属病院
看護師キャリア支援センター認定看護師教育課程 主任教員
集中ケア認定看護師

プログラム

1. 心電図と解剖生理
➡致死的不整脈と刺激伝導系だけは必須
2. 前負荷と後負荷と収縮力
➡この3つが曖昧だと致命傷
3.循環パラメータをマスターしよう
➡Aライン(波形)、CVP、PAP、SVO2ほか
4.ショック
➡病態別分類ができないとケアができない
5. IABP・PCPS&今注目のECMO
➡循環動態の基本を押さえる
6. 輸液管理
➡1号液から4号液までの使い分けの根拠

講師紹介

・尾野敏明 氏
1986年神奈川県立こども医療センター、1989年に大分医科大学医学部附属病院ICU勤務。2001年に重症集中ケア認定看護師を取得し、2003年日本看護協会看護研修学校重症集中ケア学科専任教員となる。2005年から大分大学医学部附属病院に戻り、ICU副看護師長、2009年4月から杏林大学医学部付属病院にて集中ケア認定看護師教育課程で主任教員を務め、2020年4月から現職。例えを多用したわかりやすい解説となぜそのケアなのかという理由が明快の大人気の講師。講義後は看護が面白くなること請け合いです。

受講生の声

・特に酸素需給バランスや心不全の分類が特に分かりやすかったです。セミナーで知識の再確認や知識を深める事が出来ました。
・先輩にすすめられて受講しましたが、かなりかみくだいて解説してくれているので、難しいところもありましたが、ICU2年目の私でも十分理解できました。