【オンライン】がん化学療法看護の厳選ポイント<看護セミナー>

視聴期間・講義時間

ご希望の日から2週間繰り返し視聴できます。講義時間は3時間程度。録画講義ですので質問はできませんが、オンラインセミナー専用に新規に講義したものです。サンプル動画はこのページの一番下でご覧になれます。

受講料

9,980円(税込) 8,980円(税込)梅雨のキャンペーン価格(6/30まで)

各種割引

・個人割引:ご受講2回目は500円割引。3回目以降は1,000円割引。
・グループ割引:3名以上なら1名あたり1,000円割引。
・個人割引とグループ割引の併用も可(キャンペーン価格中は不可)。
・テキスト冊子送付不要でPDFファイルのみは1,000円割引(キャンペーン価格中は500円割引)。
・テキスト冊子送付とPDFファイル両方なら500円割増。
・お振込手数料は弊社で負担。

テキスト

A4版のカラーテキスト冊子をネコポス(ヤマト運輸のポスト投函サービス)にて送付します。ページあたりスライド印刷枚数が2枚(上下)のため大きくて見やすいです。

ねらい

がん化学療法看護がはじめての方や経験の浅い方がメイン対象です。膨大な知識の中から「これだけ押さえておけばひとまずは大丈夫」「ここは覚えておかなくも大丈夫」と線引きしながら解説。根拠や経験知も含めて明日から使えるポイントを厳選しました。外来はもちろん病棟の方もや役立ちます。指導する立場の方の知識整理にも最適です。

講師

・田墨惠子 氏
大阪大学医学部附属病院 看護部 看護師長 がん看護専門看護師

プログラム

1.がん化学療法看護のための基礎知識
⇒明日から使える知識を得たいが何を覚えて何を覚えなくていい?
2.安全な投与管理(レジメンの理解・投与管理・曝露対策)
⇒投与時は緊張する。自分の体も心配。どう解決?
3.主な薬物有害反応と看護(過敏症・血管外漏出・悪心、嘔吐・血液毒性ほか)
⇒患者さんの副作用を少しでも楽にする情報提供の仕方とは?
4.心理・社会・家族への支援
⇒具体的にできる支援って何だろう?

講師紹介

・田墨惠子 氏
神戸大学医療技術短期大学(看護学科)を卒業後、大阪大学医学部附属病院に就職。ICU、小児期外科を経て、脳外科で副看護師長として4年間勤務した後、兵庫県立看護大学(現 兵庫県立大学看護学部)大学院進学のため退職。修了後、同病院にもどり、乳腺内分泌外科病棟で2年勤務した後、2003年CNS認定を受け、看護師長として外来化学療法部、オンコロジーセンターを経て、現職。この間、大阪大学、大阪府立大学、徳島大学、福井大学、久留米大学で非常勤講師としてCNS教育に関わってきた。