【オンラインセミナー】人工呼吸器ケアはじめの一歩<看護セミナー>

配信期間・講義時間

ご希望の日から3日間繰り返し視聴できます。講義時間は約2時間40分。録画講義ですので質問はできませんが、オンラインセミナー専用に新規に講義したものです。サンプル動画はこのページの一番下でご覧になれます。

受講料

10,980円(税込)
※オンラインセミナーご受講2回目は500円割引。3回目以降は1,000円割引。
※3名以上なら1名あたり2,000円割引。全員分のお名前とメールアドレスが必要です。視聴日は個別に設定できます。

テキスト

A4版のカラーテキスト冊子を事前に郵送いたします。※インスタ、Twitter、Facebookページなどをご覧いただくとテキストの雰囲気がわかります。

ねらい

人工呼吸器が初めての方や苦手な方を対象に、「これだけ押さえておけばひとまず十分」というポイントを厳選。弊社でも大人気講師である尾野敏明先生が教え方に太鼓判を押す人気の講師が、わかりやすく・丁寧に解説します。ICU、HCU、急性期病棟、訪問看護ステーションなど、人工呼吸器を扱う部署のナースの方ならどなたでも大丈夫です。グラフィックモニタの見方やNPPVも含まれています。分かりやすい、聞きやすい、スピードがちょうどいい、3拍子揃っている講師です。

講師

・半崎隼人 氏
大阪府済生会中津病院 看護部
集中ケア認定看護師 呼吸療法認定士

プログラム

<解剖・呼吸生理編>
★換気を考えた体位調整
★見た目の分時換気量だけを見ていてはダメ
★低酸素血症?低酸素症?乳酸に注目
★二酸化炭素が溜まる・溜まらない、なぜ?
★低酸素の原因を知っておくとアセスメントとケアが変わる
<モード&グラフィック編>
★モード(A/C、SIMV、CPAP)と仕事量の関係
★強制換気(VCVとPCV)の違い
★気道抵抗と肺のコンプラアンスの理解が大事
★なぜPCVが主流なのか?
★A/CとSIMVの違いに注意
★BILEVELとSIMVの違いに注意
★CPAPの注意点とバックアップ換気
★PEEPとPSの違い
★グラフィック(3つの曲線と2つのループ)で見るべきポイント
<NPPV編>
★なぜNPPVを使うのか
★設定値の確認、導入時のポイント、グラフィック、フィッティング
<その他>
★ウィーニングのプロセス
★アラームが止まらないときの対処法

講師紹介

・半崎隼人 氏
大阪済生会中津看護専門学校卒業後、2004年大阪府済生会中津病院の救急・内科集中治療室へ入職、その後3学会合同呼吸療法認定士取得、杏林大学医学部附属病院集中ケア認定看護師教育課程終了し、2010年集中ケア認定看護師取得する。院内では集中治療室での勤務とともにRSTで人工呼吸器について相談などの業務を行っている。弊社でも大人気のあの尾野敏明氏が推薦・太鼓判を押す、やさしく・わかりやすい講義が大評判の講師。