10/24【東京】循環器内科・心不全の看護(初級者向け)<看護セミナー>

開催日時・地区

2019年10月24日(木)11:00〜16:45 東京地区 ※13:00から45分間お昼休憩

受講料

11,800円(税込)
※3名以上なら1名あたり9,800円(税込)

ねらい

循環器病棟などの新人、異動者、経験の浅い方がメイン対象です。心不全に関する膨大な学習範囲の中から、「これだけ押さえておけばとりあえず合格」の原理・原則、観察ポイント、報告すべき内容を厳選。その根拠もしっかり提示します。指導するプリセプターや先輩の方の指導ポイントの整理や復習にも最適です。その他、CCU、ICU、救急外来、心臓血管外科病棟など、心不全が苦手な看護職の方にもとても役立ちます。

講師

・齋藤大輔氏
杏林大学医学部付属病院 看護部
急性・重症患者看護専門看護師

会場

フォーラムミカサエコ
東京都千代田区内神田1-18-12内神田東誠ビルTEL03-3291-1395

プログラム

1. 循環器内科疾患患者の特徴
・急性・慢性によって違いはあるの?
・慢性疾患の急性増悪はどうなの?
2. 悪化をさせない、異常に早く気づける看護
・一番大事な解剖生理
・やっぱり血圧
・ホメオスタシス
・全身へ酸素供給
3. 事例で頭を整理(1):急性心筋梗塞治療後の患者
・初期治療〜ICUでの治療や経過を知る
・では病棟で注意すべきことは何?
4. 心不全はいろいろな疾患で起こり得る!
・心不全は1つの症候である、その理由を考える
・左心不全と右心不全、その違いは何か
・心筋梗塞/弁膜症等と心不全
・心不全患者の看護
・昇圧剤(DOA?DOB?ノルアド?)、硝酸薬、利尿剤など
5. 不整脈、ペースメーカ波形はこれさえ押さえれば大丈夫!
・形ではなく、成り立ちで覚える
6. 事例で頭を整理(2):患者のQOLを支える看護
・心不全患者の離床(心臓リハビリテーション)
・増悪する慢性心不全患者:患者家族を支える

講師紹介

・齋藤大輔氏
2004年より東京医科大学病院ICU・CCUに勤務し、2008年より現病院へ。2011年に聖路加看護大学大学院博士前期課程を修了、同年に急性・重症患者看護専門看護師を取得。救命救急センター、術後ICU、集中ケア認定看護師教育課程専任教員を経て、2018年4月から外科系集中治療室/ハイケアユニットに勤務。部分的な知識を上手に統合させて具体的な看護ケアに落とし込む教え方で大人気!